海外進出をするなら中国ではなくインドネシアがベスト?

By admin - Last updated: 木曜日, 9月 18, 2014

近年では中国や韓国よりもインドネシアの方が投資妙味は高いそうです。ここでいう「投資」というのは為替取引などを通じて金銭を獲得するのではなく、「企業にとって進出するだけの価値があるのか?」といった意味になります。

例えば自動車会社が人件費節減のために、海外で工場を設立することが該当します。投資すべき価値があると分かっているからこそ、国内ではなく高いお金を支払って海外へ進出するわけですからね。

さて実際に統計データなどを見てみると、今のところは中国へ進出する会社が最も多いようですが、年々とインドネシアが順位を上げてきているのです。つい最近では2~3位にまで順位が上がってきていますので、あと2・3年もしたら中国を抜く時がくるのかもしれません。

なぜ順位変動が起きているのかと言うと、まずインドネシアの人が勤勉だからでしょう。これは中国や韓国にも当てはまりますね。そして親日国でもあるのです。この点が企業側にとっては最大の魅力と言えるはずです。

どんなに物価が安く人件費を削減できると言っても、ストライキや暴動が起きてしまえば損失額も馬鹿になりません。そういった治安なり突発的なトラブルも起きにくいという理由から、こちらの国が選ばれているのです。

そこで注目すべきは【インドネシア進出支援|海外進出アドバイザーズ】という会社です。この会社では援助サポートを実施していますので、企業だけでなく個人の方も対象となります。つまり日本ではなく海外で仕事を始めたいという時も、様々なサービス・サポートを提供してくれますので、スムースに事業所の設立から事業開始までを支えてくるはずです。

Filed in サービス